• Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter

NEW11/7更新[Live] 2019/12/6 (Fri)

Junimo Super Power Trio

場所:洋楽バーMatthews 

時間:(Open)19:00(Start)20:00

チャージ:(予約)2500円 (当日)3000円 (1drink含む)

出演者:Jun"Junimo"Shirono(Gt,Vo)、下久保昌紀(Dr)、土本浩司(Ba)

 

NEW11/7更新[Session]2019/11/16(Sat)

Matthews Session vol.2

場所:洋楽バーMatthews 

時間:17:00 - 19:45

チャージ:2000円 (1drink含む)

ホスト:Jun"Junimo"Shirono(Vo)、西尾務(Dr)、近藤貞夫(Ba)

[News] 2019/4

UK Soul Chart (airplay/download)

"SOUL CONNOISSEURS TOP 20 WEEK ENDING 19TH APRIL 2019"にて

Never Say Never / Leave It To Meが最高12位獲得。

その他、UK インターネットラジオで多く紹介される。

 

クリックで写真拡大

IMG_1873.JPG

​Tower Records難波店にて

スクリーンショット 2019-06-27 22.31.01.png
IMG_4046.JPG
IMG_3860.jpg
IMG_3859.jpg

クリックで写真拡大

Artist

クリックで写真拡大

Jun "Junimo" Shirono(城野 淳)

ギタリスト、コンポーザー、プロデューサー。大阪府池田市出身。

14歳の時にXに衝撃を受けてギターを始める。その後洋楽を聴くようになり、リッチー・コッツェン、Mr.Bigのポールギルバート、Extremeのヌーノベッテンコート、スティーヴヴァイ、Dreame TheaterなどのHard RockやHeavy Metalに影響を受ける。

特にリッチー・コッツェンからはSoulやR&Bから受けた影響をHard Rockにうまく融合させた彼のギタースタイルに大きな影響を受ける。

19歳の時にTOTOと出会いバンドとしての完成度の高さ、特にギターのスティーヴ・ルカサーの様々なスタイルをRockというフィルターを通して表現するスタイルに大きく影響を受ける。

​23歳頃からサポートギタリストとして演奏活動を始めると同時にJazzを山口 武氏に師事する。

26歳頃に関西ソウルシンガー松田一志と出会い、SoulやR&B、Funkいわゆる黒人音楽に傾倒し、Grooveサウンドを追求し始める。

36歳の時にアメリカ音楽旅に向かい、日本とは違う音楽の在りよう、つまり「音楽が生活の一部にある」という現実に衝撃を受ける。

神を讃え、感謝する気持ちを歌で奏でるゴスペル。ひとたびブルースが演奏されだすと老若男女、全ての世代の人が熱狂し踊り始める。Barでは夜遅くまで演奏が続き、店の外まで音が響いている。ストリートではいたるところで若者が演奏し発信し続ける。音楽と生活の共存を目の当たりにする。

37歳の時に拠点を東京に移し、アメリカで感じたサウンドを形にするために自身の音源作りを始め、2018年にLAでフルオリジナルCDのレコーディングセッションを行い、2019年3月に自身初のフルアルバム"Never Say Never"を発表した

Soul、R&B、Funkのコンテンポラリーなサウンドの真下にRockのヴァイヴが感じられるサウンドを生み出している。

​都内で音源制作、ライブで活動中。

(Last update July 2019)

 
 

​News

 

参加アーティスト

Music

First Album

"Never Say Never"

Junimo& Phat Junkies

Junimo Jacket Web-RGBのコピー.png
Never Say Never
​Junimo Records 2019

UK  Soul Chart(airplay/download)で最高12位を獲得

UKソウル配信チャートで2週にわたりチャートインしたタイトルソングNever Say Never、そしてLeave It To Meを含む全11曲収録

各種配信サイトにて配信中

Tower Recordsから購入

purchase from CD Baby

2015年から2016年にかけて約3ヶ月間アメリカへ音楽旅に出る。

ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、メンフィス、ニューオーリンズを訪れた旅の中で、音楽がアメリカ人の生活にとって切っても切り離せない存在であると知る。このアメリカ音楽旅から得られた経験、感動、そして彼が聴いてきた音楽、すべてのエッセンスを注ぎ込み「自分自身の音楽を創りたい」という想いと共に生み出されたのが

Junimo & Phat Junkies  "Never Say Never" だ。

Phat Junkiesとは彼が創る音楽に共鳴し、共に創造するために集まってくれたロサンゼルスを中心に活動するミュージシャンだ。

本作はR&B、Soul、Funk、Rockと異なるバックグラウンドを持つ4人のボーカリストをフィーチャーした完全オリジナルアルバムである。

Ike&Tina Turnerのバックボーカルに参加した経歴を持つMaxayn Lewis(Vo)。

Greg AllmanのバンドのボーカリストであったKeith England(Vo)。

Rod Stewartのツアーのバックコーラスなど様々なアーティストのツアーやセッションに参加した低音ボイスがセクシーなWill Wheaton(Vo)。

デビューから全盛期のEric Benetを支えジャパンツアーでは圧巻のパフォーマンスを見せてくれたTony Boyd(Ba,Vo)。

その他Earth,Wind & FireのMyron McKinley(Key),John Paris(Dr)。Jeff Beckの名盤"Blow By Blow"のレコーディングメンバーであるPhil Chen(Ba)。Chick CoreaやSteve LukatherバンドのCarlitos del Puerto(Ba)。Lady GagaのラスベガスのショーのドラマーであるDonald Barrette(Dr)、などツワモノ揃いだ。

Funk、R&B、Soul,Rockと1つのジャンルにカテゴライズされない、そして彼の歌への愛が感じられるジャンルの壁を超えたサウンドを完成させた。

2015 Nov 6~2016 Jan 22,He visited America(LA~San Francisco~Chicago~Memphis~New Orleans)for about 3 months to feel the real American music and sound.

During trips,He saw that Music was closely connected with American's life. Especially in San Francisco,He got to play Gospel Music at one church. That Experience was never seen in Japan and He was very happy to see a real music and life.

That music trip in America encouraged him to produce his first album "Never Say Never"by Junimo & Phat Junkies. It was recorded  in LA with many great musicians and singers .

This album "Never Say Never" has 11 songs featuring great singers (Maxayn Lewis,Keith England,Tony Boyd and Will Wheaton) and also is not categorized one genre.
"Phat Junkies" are musicians based in LA. 
John Paris(dr),Myron McKinley (Key),Tony Boyd(ba,vo),Phil Chen(ba),Ian Martin (ba),Stacey L. Sydnor(dr),Keith Mitchell McKelley(sax,EWI),Ronnie Gutierrez (per),Donald Barrett(dr), Matt Rohde(key), Ellis Hall(b3 hammond organ), Bridgette Bryant(bgvo), Carnell Harrell(key), Carlitos Del Puerto(e.ba,a.ba).
They gathered round Junimo to create his music.You have to experience this album!!

You can listen to the real American sound!!

〜Phat Junkies〜

(クリックで写真拡大)

IMG_3250.JPG

​Ian Martin(Ba)

Stacy L. Sydney(Dr)

Stacy L. Sydney(Dr)

​Myron McKinley(Key)

IMG_3421.JPG

Bridge Bryant (Background Vocal)

​Maxayn Lewis(Vo)

IMG_3397.JPG

Keith England (Vo)

IMG_3697.JPG

Carlitos Del Puerto (Ba)

IMG_3268.JPG

Tetsuya "T-Jam" Moriguchi (producer)

Phil Chen (Ba)

IMG_3331.JPG

Matt Rohde (Key)

IMG_3440.JPG
IMG_3367.JPG

Keith Mitchell McKelly (Sax , EWI)

Will Wheaton (Vo)

​Maxayn Lewis(Vo)

IMG_3321.JPG

Carnell Harrell (Key)

John Paris (Dr)

Tony Boyd (Ba,Vo)

IMG_3409.JPG

Ronnie Gutierrez (Per)

IMG_3359.JPG

Ellis Hall (Hammond org)

IMG_3330.JPG

Donald Barrett (Dr)

IMG_3448.JPG

Marc Greene (Enginer)

Tetsuya "T-Jam" Moriguchi (producer)

Live

2019/12/6(fri) Junimo Super Power Trio Live

場所:洋楽バーMatthews 

時間:(Open)19:00(Start)20:00

チャージ:(予約)2500円 (当日)3000円 (1drink含む)

出演者:Jun"Junimo"Shirono(Gt,Vo)、下久保昌紀(Dr)、土本浩司(Ba)

今回のJunimoライブはトリオ(3人)でお届けします。
パワフルに。自由に。濃密に。
トリオだからこそ見られる音景色を一緒に体感しましょう!
一緒に演奏すると楽しくてしょうがない骨太メンバーを迎えてぶちかましていきますよぉ〜!
JR山手線大塚駅北口から徒歩約5分。洋楽を愛するマスターが美味しいお酒と音楽で迎えてくれます。
ぜひお越しください。

Matthews.jpg

クリックで写真拡大

2019/11/16(sat) マシューズセッションvol.2

場所:洋楽バーMatthews 

時間:17:00〜19:45(その後通常営業)

チャージ:2000円 (1drink含む)

出演者:Jun"Junimo"Shirono(Vo)、西尾務(Dr)、近藤貞夫(Ba)

9月のセッショントライアルが好評でしたので第2回目開催です!

いわゆる普通のセッションとは違い、やりたい曲を事前にきいて当日皆さんとドカンと演奏して

楽しみましょう!

​セッション終了後はお店は通常営業しますのでお酒を飲みながら音楽談義に花を咲かせましょう!

Movie

2019.7.2 Live @ Absolute Blue

​Beautiful Wave歌詞裏話

​若い世代、同世代の人たちの次の一歩

UK Soul Chart(airplay/download) 12位獲得

 
 

Contact

Contact

お問い合わせ | higeshop@junjunimo.com

出演依頼 | higeshop@junjunimo.com

 
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの
  • Instagram
  • さえずり

© 2019 by Jun Junimo